出品方法

ハンドメイド作品の「売れる」撮影方法!スマホ写真のポイントまとめ

更新日:


どうも、ハンドメイド作家のみなさまこんにちは!

アクセサリーをネット販売する際、重要になってくるのが写真の見栄え。

作品の撮り方によって、ハンドメイド作品の売り上げに随分と影響するはずです。

でも、素人がスマホで上手に撮るのって、なかなか難しいんですよね・・!

今回はハンドメイド作家さんに向けて、ちょっとしたコツを押さえるだけで「売れる」ようになるポイントを紹介していきましょう♪

1、スクエアモードで撮影する

まず、ハンドメイド作家さんも、いきなり一眼レフを買う人は少ないはず。笑

今はスマホのカメラ機能も素晴らしいので、スマホで作品を撮って出品している人がほとんどかと思います。

この時、例えばiPhoneで撮影する場合ですが、カメラは基本的に「写真」のモードになっています。

◾️通常の写真モード

◾️スクエアモード

これを写真の右のように「スクエア」に切り替えて撮影しましょう!

上下が少し切り取られた「四角い写真」の状態になっていますよね。

これは、minneなどのハンドメイドサイトやフリマアプリの「メルカリ」でもそうですし、インスタなどのSNSでも、必ず「スクエア」の範囲で写真が投稿されます。

つまり、「写真モード」で撮影しても、作品を出品する時に上下が切り取られてしまうんです!

大事な部分が切り取られてしまうと、かなりもったいないです。

なので、撮影する時は最初から「スクエア」モードで撮影しましょう!

基本的な事なので知っている人も多いですが、ぜひ撮影前に切り替えておきましょう♪

2、加工して明るい写真にしよう!

minneなどを見ていると、残念な事に暗い写真が多く見られます・・・。

明るすぎるのも色が飛んでしまいますが、できれば明るくて綺麗な写真を載せたいところ。

写真加工アプリなどを使い、必ず加工するようにしましょう。

アプリのストアで「写真 加工」で検索すればたくさん出て来るので、アプリを使って調整してみて下さい。

◾️例えばピアスを撮影する場合・・・

そのまま撮った状態だとこんな感じです。

悪くは無いですが、少しくすんで見えます・・・涙

これを明るくしてみましょう!

ビーズの色がはっきりして、細かい部分まで分かりやすくなりましたよね!

どんなにライトアップして撮影しても、明るさは必ず微調整しましょう!


撮影ボックス 折りたたみ式 LED照明付 

ちなみに最近は、こういった撮影用のライトが付いたボックスが多く売られています。

アクセサリーなどの繊細な作品を撮影する時には、こういった背景やライトが用意されている道具を買ってしまうのもおすすめです。

自然な明かりが好きな作家さんは、窓際で太陽光を活用している方も多いですね♪

少しでも明るい写真にするようライトや加工を意識すると、売り上げアップに繋がるはずですよ!

3、そのままの状態で撮影しない

作品が完成した勢いで、そのまま作業台にペロンと置いて撮影・・・というと、生活感が出ちゃって残念な感じになってしまいます。

例えば、先ほどの写真をそのまま我が家のダイニングテーブルで撮影すれば、こんな感じです。笑

「いやいや、そのまま過ぎるだろ!」

って突っ込みたくなる人もいるかもしれませんが、こういった写真ってminneやメルカリで結構見かけます。

どんなに凝った作品を作っても、これだと売り上げに繋がりにくく、もったいないですよね・・・

  • 下に何か敷く
  • 周りに小物を置く

だけでも随分変わってきます。

私の母も販売初心者ですが、素敵な写真に仕上がっているので販売初月から売り上げが発生しています。

あおい
↑この下のグレーの布は、私のGUのカーディガンだw

左にあるドライフラワーも自宅にあったものだし、周りには普段使っているビーズを散らしています。

特にお金もかけていません。

でも、工夫次第で高級感や、見栄えが全然変わってきます。

自宅にあるものでいいので、小物を色々活用していきましょう!

これも300円ショップの額縁と、周りにアクセサリーを飾りました。

下に敷いている白い布は目の細かいタオルです。(あ、ちゃんと綺麗なやつです。←)

意外と自宅にある身近なものでも、「これ撮影に使えるかも!」という雑貨などを探してみて下さい♪

最近だと「ステージ」と言って、アクセサリーショップなどのディスプレイに使われるものも、撮影だけでなくイベントのディスプレイにも使えるはずです。

ディスプレイステージW250ホワイト

ちょっとした工夫で"おしゃれ感"が増していい感じの写真になるので、色々工夫してみましょう!

アクセサリー作家さん向け!イベント時に使えるディスプレイまとめ

ハンドメイドのイベントに出店しようと思った際、まず悩むのが商品のディスプレイですよね! 特にハンドメイド作家さんの中でも、アクセサリー作家さんはみんな似たり寄ったりになりがち・・・ ハンドメイドのイベ ...

続きを見る

ちなみにアクセサリーを撮影する場合は、ピアス台紙があると随分と印象が変わってきます。

それだけで作品の統一感も出て来るので、ぜひショップ名などを入れてオリジナルで作ってみるのもおすすめ!

今は簡単にスマホから1000円以下で自作出来るので、撮影用発送用のラッピングとして準備しておくといいですね♪

【ピアス台紙】はスマホで簡単に自作できた!おすすめネット印刷3選

「アクセサリー作家さんの、おしゃれなピアス台紙はみんなどこで注文しているのだろう・・・」と、同じような台紙を作ってみたくなりますよね! 可愛いおしゃれなデザインの台紙に、手作りのピアスがセットされてい ...

続きを見る

【ビスタプリント】で実際にピアス台紙&名刺を作成してみたレポ!

前回、こんな記事を書かせてもらいました。 アクセサリー作家さんの反響が大きく、実際に注文した方からも好評なんですが、 「本当にスマホが苦手で作り方が分かりません!」 「安くて可愛いデザインだけど、実際 ...

続きを見る

 

「売れる」ハンドメイドの撮影方法【まとめ】

  1. スクエアモードで撮影する
  2. 写真を明るく加工する
  3. そのまま撮らない!周りの小物を工夫する

この3つを抑えるだけで、随分変わってくるかもしれませんね^^

あとは、売れている人・上手な人の写真をたくさん見るだけでもヒントになります。

まずは出来る事から撮り方を工夫してみると、売り上げアップに繋がるはずですよ♪



商品撮影講座を受講するのもおすすめ>>

人気記事TOP5

1

前回、こんな記事を書かせてもらいました。 アクセサリー作家さんの反響が大きく、実際に注文した方からも好評なんですが、 「本当にスマホが苦手で作り方が分かりません!」 「安くて可愛いデザインだけど、実際 ...

2

ハンドメイド販売ブームに乗って、minneなどのハンドメイドサイトや、フリマアプリのメルカリ等でも、色んなアクセサリーパーツが販売されていますよね! 大手のパーツ専門店や手芸用品店も、色んなところにた ...

3

ハンドメイド販売を始めようと思った時、自分の技術や経験に自信がないときに、あると便利なのが資格です! 私も実際に洋裁検定1級や、ファッション販売検定、あとはカラーコーディネーターなどの資格を取得してい ...

4

ハンドメイド販売が主婦の間で流行している中、一番人気のジャンルはなんと言ってもアクセサリー販売!その中でも特にピアスを作って販売している作家さんは多いですよね♬ 今からハンドメイドのアクセサリーを作っ ...

5

minne(ミンネ)にハンドメイド作品を出品したはいいけど、思ったように売れないじゃん・・・と悩んでいる人も多いでしょう。 安心してください、100人ハンドメイド作家さんがいたら、100人同じ悩みを最 ...

-出品方法

Copyright© Prima , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.