minne

ミンネで売れない!稼げない!?売り上げUPの為に知っておきたい5つの事

更新日:

minne(ミンネ)にハンドメイド作品を出品したはいいけど、思ったように売れないじゃん・・・と悩んでいる人も多いでしょう。

安心してください、100人ハンドメイド作家さんがいたら、100人同じ悩みを最初は持っていたはずなので、あなただけではありません。

さて、ミンネでハンドメイドの作品を売ろうと思ったら、コツや裏技のようなものがあれば誰しも習得したいですよね。

でも、残念ながら裏技的な特別な手法は無いんですよ。ミンネに大金を貢いでも、優先的に売り出してくれる訳ではありませんし。自力で頑張るってつらいです・・・。

今回はミンネで「売れない!稼げない!」と悩んでいる初心者さんに向けて、いくつか覚えておいてほしいポイントを押さえてみました。

1、まず、半年は無収入でもOKじゃ無いとやってられない

まず覚えておきたいのが、ミンネに限らずハンドメイド販売は1ヶ月目からホイホイ売れることは無いんです。(現実)

偉そうに言っちゃってますが、今や売れっ子の作家さんにインタビューした時も、みなさん口を揃えて「最初は思うように売れなかった」と言っていました。

テレビや雑誌で、「月収30万円です!」「子どもが寝ている時に作業してます」みたいな余裕のあるハンドメイド作家さんは、ある程度売れない時期を乗り越えてきているという事。

もしくは数年前の、ミンネ創設時に出品していた「先発組」です。

敵が少ないので勝ち抜いてきた作家さん達ですね。

なのでまず、今からミンネで販売を始めるのは、少し難易度が高いというのも覚えておくといいでしょう。

そして最初は材料費で明らかにマイナス・・・。

作業時間や出品する時間、色んな時間やお金も投資しているので、売れない時期というのはタダ働きをしているのと同じ。

ここですぐやめてしまう人は、「稼げないんだったらパートの時間を増やした方がマシだ!」と、諦めてしまいます。

でも、ミンネに限らずどのビジネスも最初はマイナスです。

お給料をもらえる訳では無いですからね・・・。(ゴクリ)

もし費やした時間やお金を早く取り戻そう!という気持ちが先走ってしまうと、「売れない!稼げない!なんでだ!」と焦ってしまいます。

売れ始める時期は人それぞれなので、1ヶ月後に売れる人もいれば、半年後に毎日のように注文が来る人もいるかもしれません。1年売れない人もいるかもしれません。

人と比べるのもやめた方がいいですよね・・・。

それはまだ始めて1、2ヶ月では分からないので、とことん納得いくまでやってみましょう!

2、レビューが少ない時期はなかなか売れない

女性は男性に比べて、ネットで物を買う時にレビューを重視します。

例えば、セールスマンにゴリ押しされた商品よりも、友達がさらっと「あれ、使ってみてよかったよー」なんていう口コミの方が「買いたい!」ってなりますよね。

ここで、ミンネでも購入者はレビューをよく見ています。

レビューが多ければ多いほど売れやすいですし、作品が売れるほどレビューも増えます。なのである程度レビューが増えて波に乗っちゃえば、よほど変な評価をつけられない限り売り上げは安定してくるはず。

が!しかし、最初って売れてない状態なのに、レビューを重視するも何も1つもレビューがありません。

つまり、ミンネで最初の1個を売るのって、実は一番ハードルが高いんですよね。

なので、少しは作戦立てるのも大事。

  • メッセージカードに「レビューを書いていただけると嬉しいです」など書いて作品と同封する。
  • ミンネから友達に買ってもらってレビューを1つでも2つでも書いてもらう。(サクラ作戦)
  • 少しはSNSでフォロワーさんがいるのなら、激安でセール販売する代わりに「購入者はレビューをお願いします!」みたいに作戦立てる。

こんな感じで、意外とやれる事ってあるはず!私も最初は「レビュー書いてください!!」って手書きでメッセージを入れていました。この頃はプライドとかありません←

「今は1つもないけど、いつか誰かが素敵なレビューを書いてくれるはず!」というのは、ちょっぴり運任せな気もしませんか?いつになるか分かりませんよね。

副業としてやっていきたい!早く結果が欲しい!と思ったら、待っているだけじゃなく、レビューの為にアクションを起こしてみましょう。

ちなみにミンネからの購入者はみんながみんなレビューを書いてくれる訳ではありません。10人いたら多くて半分くらいです。

だからこそあまり売れてない時期は「お願いしますよぅ!!」とこちらからプッシュする方が書いてくれる確率が上がるはずですよ。

3、出品している作品数が少なすぎると売れない

「ハンドメイドで売り上げを伸ばすには、作品数を増やしましょう」と、よくハンドメイドのノウハウ本には載っています。

増やす理由として、「作品数が多い方が、ショップとしての見栄えも良く、選ぶ楽しみがあるからです」と、あります。

もちろんこれも正解ですが、個人的には優先度が違う気がするんです。

まず、ミンネでは作品数を増やさない限り、あなたのショップを見てくれる「入り口」が少ないんですよね。

例えばですが、ネットで料理のレシピを検索する時「大根 レシピ」と検索しますよね。

すると、クックパッドの大根のレシピが検索で出てくるはずです。

ここでまず、「大根 レシピ」と検索した人はクックパッドにアクセスしてくれます。

他にも「豚肉 炒め物」「レンジ 蒸し料理」と検索した人も、クックパッドでレシピを見ることがあるでしょう。

これがクックパッドに対して入り口を増やすということ。

もしクックパッドに大根のレシピしか載っていなければ、あんなに大きなサイトにはなっていませんよね。みんなが検索しても必ず色んなキーワードで出て来るから、アクセスが大量にあります。

まず、ミンネでパールのピアスしか出品していなければ、「パール ピアス」で検索した人しか来ません。かなり限定されますよね。

他の作品で「レジン イヤリング」「ターコイズ 夏」など、何かしらのワードでミンネでのあなたの作品が検索で出て来て、そこから初めてアクセスしてくれます。

まずは入り口の為に作品数を増やさない限り、他の作家さんに埋もれてしまってまず目に止まりません。

ミンネで人の目にたくさん触れる機会を増やす為にも、まずは作品数を増やしましょう。

5〜10個出品して「う、う、売れない!!」と嘆くには早すぎる気がします。

まずは制作▶︎出品▶︎制作▶︎出品を繰り返して、いいねの数や観覧数を気にするのはその後にしてみましょう!

4、ペルソナがはっきり絞れていないと売れない

ペルソナっていう言葉を聞いたことがある人は少ないでしょう。ユンソナじゃないですよ、ペルソナです←

これはマーケティング用語なんですが、「売る相手のターゲットを絞りましょう」という意味だと思ってください。

売るターゲットといえば、「20代女性」とか、「可愛い系が好きな人」とかに分類する人が多いのですが、ペルソナを設定するには範囲が広すぎます。

20代女性って言ったって、ヒョウ柄大好きなギャルママもいれば、銀座で働くOLさんもいるじゃ無いですか。

生活環境や来ている服、好みや思考など細かく分類すると分けきれないので、年代や性別で分けるのはざっくりしすぎなんですね。

■ターゲット設定の絞り方

例えば赤ちゃんがいる主婦に人気の「オムツポーチ」をミンネで売るとしましょう。

ここで大体は「30代のママ」か「子育て中の主婦」とかに絞りますよね。

もっと絞るなら、ショップの雰囲気や、デザインもある程度ターゲットを決めて絞るはず。

で、ターゲットを明確にして売り上げを伸ばすならこれだけじゃ足りないので、もっともっと絞り込みます。

例)

30代の主婦のA子さんは、普段着ている服はa.v.vやコムサなどの、大人っぽい綺麗めスタイル。

二人目の妊娠で、上の子がよく公園に行くのでバッグや持ち物も汚れやすい。

普段はトートバッグよりもリュックが多め。お尻拭きは常に大きめのを入れていて、心配性からその他の荷物も多い。

くらいに性格や生活風景まで絞り込みます。

このA子さんにだけ向けて、特別なオムツポーチを作るとすれば

  • A子さんのファッションにも合う、大人っぽくおしゃれな雰囲気
  • 外に持ち出しても汚れにくい耐水性の素材
  • リュックにも入れても取り出しやすい取っ手付き
  • おしり拭きや保湿クリーム、子供用の小さなおもちゃも入る

みたいなA子さん専用のオムツポーチが出来上がります。

「えぇ!なんか逆に売れないんじゃない!?」って思うはず。

でも、ネットショップなどの業界では、このやり方が確実に売れます。

なぜなら物を買う時って、「これは運命だ!」と思って人は購入するんです。

自分が普段持っている服に合うもの、あの場所に持っていきたいと思えるもの、自分の生活スタイルにぴったりのもの。

いろんな条件がドンピシャにハマった時に、人は「買う」というアクションに移ります。

これがもし、「30代のママ」という幅広いターゲットになっていれば、みんなある程度「いいね」とは言ってくれるかもしれませんが、特別「自分の為にこれを買わなければ!」というアクションまで辿りつかないのです。

100人の30代ママが「いいわね〜」と思っても、売れないなら同じです。

100人中1人のA子さんのような人が「これは私の為にある!」と思えば買います。

もしあなたがミンネで出品している作品が、色んな人にウケてもらう為に無難な作品を作っているのなら、そこまで特定の人に響いていないかもしれません。

たとえターゲットを絞れていたとしても、作品ごとにターゲットが違いすぎると、ショップ全体を見た時にコンセプトがちぐはぐになるはず。

オムツポーチと同時にOLさん向けの化粧ポーチを売っても売れないですよね。

なので、必ずA子さんに合う商品だけ作ればターゲットは絞れています。

A子さんがおむつポーチだけじゃなく、子どものリュックも欲しいかな〜と思えば作ればいいし、A子さんの趣味にぴったりだなぁと言う新作を作り続けます。

たった一人に気に入ってもらえるような、たった一人のために作品を作り続ける方がコンセプトがブレません。

ぜひがっつりターゲットを絞りに絞って、ミンネでのショップ全体のコンセプトをしっかり決めてみてください!

5、SNSをやっていないと売れない

「SNSなんて苦手だわ!あれってプライベートを晒すものなんでしょ!?」

という苦手意識が強い人もいますよね。

SNSと聞くと、おしゃれでハッピーな私の日常を、世間様にお届けしなければいけない気がしてしまいます。

知らない人と繋がるなんて怖いよ!と言う人もいるかもしれません。

ですが、SNSは今やビジネスツールの一つです。

SNSをやっていないハンドメイド作家さんでミンネでも売れている人は、よほどイベントで売るのがうまいか、個人のホームページで上手に宣伝できている人だけ・・・。

とは言っても、ほとんどそんな作家さんもいないでしょう。

ミンネでも売れっ子作家さんと言われる人は、特にインスタを中心にみんなやっています。

FacebookやTwitterよりも、圧倒的にInstagramがおすすめ。

ちなみにFacebookは実名主義で知り合い同士が繋がる目的のものですし、Twitterはつぶやき(言葉)がメインなので、「物を売る」という意味では向いていません。

インスタなら素敵な作品の写真をアップして、上手にミンネのショップを宣伝することができれば活用しやすいツール。

別におしゃれなあなたの私服をアップしなくても、インスタ映えするおしゃれなパンケーキをアップしなくても、minneと同じように作品をどんどんアップするだけで宣伝になります。

自分の個人情報や顔面を晒さなくてもOKです(笑)

また、フォロワー数が多い人が購入してくれて、その人が「〇〇さんから買ったピアスです〜」なんて宣伝してくれれば、宣伝費は無料だし最強の宣伝効果がありますよね。

先ほど中盤で「入り口を増やす」と言いましたが、SNSも入り口の一つ。

ミンネのショップを覗いてもらう為にも、まずはSNSから宣伝していくのが一番効果的です。

もし「まだ何も宣伝していない、、、」というのなら、山奥にひっそりとお店をオープンしておきながら、チラシも配らず雑誌にも載らず、売れないなぁと思いながら作品を並べ続けています。

SNSは怖いものではないですし、慣れれば楽しいものなんです。

なかなか売れないなぁと悩みながらも、まだSNSを使っていないという人は、ぜひインスタから登録してみましょう。

ミンネで売れない!と諦める前にもうちょっと頑張ってみよう!

画家や陶芸家など、芸術品を売る人は皆そうですが、知名度がない状態からヨーイドン!の、0からスタートします。

ちょっと試しに何個かミンネに出品してみたけれど、「いいね!」は全然つかないし、ミンネで売れないじゃん!と諦めるのはまだ早いですよね。

もし100個出品していいねが全く一つも付かないのなら、あなたは向いていないのかもしれません。(そういう人はほとんどいないはず・・・)

でも、作り続けていればクオリティも上がってきますし、人の目に触れる機会も必ず増えます。

おそらくすぐに諦めてしまう99%の人は100個作る前にやめてしまいます。

でももし今回紹介した項目をパーフェクトにこなしているというのなら、そもそもの作品のクオリティやオリジナリティの問題なので、そこは自分で研究していきましょう。(結局丸投げ←)

ミンネは作品を出品するのは無料ですし、ハンドメイド作品は腐るものじゃないです。

ぜひ気長に頑張ってみましょうね!

一緒に読みたい関連記事

【ビスタプリント】で実際にピアス台紙&名刺を作成してみたレポ!

前回、こんな記事を書かせてもらいました。 アクセサリー作家さんの反響が大きく、実際に注文した方からも好評なんですが、 「本当にスマホが苦手で作り方が分かりません!」 「安くて可愛いデザインだけど、実際 ...

続きを見る

ハンドメイドでネットショップを開設★安くて実はすごい機能がたくさん!

ハンドメイド作品をネットで販売しようと思った場合、ほとんどの人がminneやCreemaなどのハンドメイド販売サイトに登録したり、フリマアプリで販売するケースが多いですよね。 しかし、ネットで販売する ...

続きを見る

人気記事TOP5

1

前回、こんな記事を書かせてもらいました。 アクセサリー作家さんの反響が大きく、実際に注文した方からも好評なんですが、 「本当にスマホが苦手で作り方が分かりません!」 「安くて可愛いデザインだけど、実際 ...

2

ハンドメイド販売ブームに乗って、minneなどのハンドメイドサイトや、フリマアプリのメルカリ等でも、色んなアクセサリーパーツが販売されていますよね! 大手のパーツ専門店や手芸用品店も、色んなところにた ...

3

ハンドメイド販売を始めようと思った時、自分の技術や経験に自信がないときに、あると便利なのが資格です! 私も実際に洋裁検定1級や、ファッション販売検定、あとはカラーコーディネーターなどの資格を取得してい ...

4

ハンドメイド販売が主婦の間で流行している中、一番人気のジャンルはなんと言ってもアクセサリー販売!その中でも特にピアスを作って販売している作家さんは多いですよね♬ 今からハンドメイドのアクセサリーを作っ ...

5

minne(ミンネ)にハンドメイド作品を出品したはいいけど、思ったように売れないじゃん・・・と悩んでいる人も多いでしょう。 安心してください、100人ハンドメイド作家さんがいたら、100人同じ悩みを最 ...

-minne

Copyright© Prima , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.