ハンドメイド販売 作品へのアイデア

【素材別】ハンドメイドアクセサリーの作り方・アイデア総まとめ!

更新日:

ハンドメイド販売が主婦の間で流行している中、一番人気のジャンルはなんと言ってもアクセサリー販売!その中でも特にピアスを作って販売している作家さんは多いですよね♬

あおい
どうも、ハンドメイド作家さんへラッピング用品やロゴのデザインの仕事をしている、サイト運営者のあおいと申します。

今からハンドメイドのアクセサリーを作って売りたい!

ピアスを作ってみたいけど、どんな作り方で始めたらいいか分からない!

という初心者さんに向けて、色んな作り方やアイデアなど、簡単に素材別で総まとめにしてみました。

簡単な作り方から上級者向けまで様々な作り方があるので、ぜひ参考にしながらハンドメイドアクセサリーに挑戦してみてくださいね。

【一番簡単!】パーツを組み合わせたハンドメイドアクセサリー

まずは一番簡単な作り方、というよりアクセサリーの基本とも言える、Tピンや丸ピンにビーズやチャームを通して組み合わせて作る方法

おしゃれなパーツやビーズを組み合わせれば、すぐに素敵なハンドメイドアクセサリーを作ることができます。

どんなアクセサリー作りでも基本とも言える、ヤットコ(ペンチ)を使った作り方は、まずは学んでおきたいハンドメイドアクセサリーの入り口です。

揃えておきたい基本的な道具や材料も、セットで売られている物もありますし、今は100円ショップなどで揃えることもできます。

まずは基本となるピアスフックにビーズを繋げる方法など、まずは工具を使ってパーツを組み合わせる方法を学んでおきましょう!

9ピン・Tピンの使い方解説▼

基本的なパーツは手芸屋さんやパーツショップでも簡単に揃います。ですが、卸価格で買えるNETSEA(ネッシー)などに登録(無料)しておけば、会員価格でTピンなどは100本以上入って100円ほどの激安で購入可能!

ぜひそういったサイトから購入しておくと、アクセサリーのパーツ代も安く抑えることができますよ!

レジンのハンドメイドアクセサリー

▲FIVHANさんの作品(関連記事:アクセサリー作家FIVHANさんを特集

レジンアクセサリーは、ハンドメイド販売サイトでも人気の作品がたくさん!レジン液という液体を専用のライトで固めて、ぷっくりツヤツヤとした透明感のあるアクセサリーを作ることができます。

レジンを使う事により、軽くて丈夫なハンドメイドアクセサリーの作成が可能。様々な作り方や使える素材があるので、オリジナルを極めたい作家さんにもおすすめです。

そもそもレジンとは?

レジンでハンドメイドアクセサリーを作る際に必要なのがUVライト。このUVライトを使用しながら硬化して作っていきますが、UVと言えば紫外線の事なので、夏などは外で日に当てても硬化することが出来ます。

また、ジェルネイルを硬化させる時も同じくこのUVライトを使うので、ジェルネイル用に販売されているライトでも使うことが出来ますよ!

ちなみにLEDレジンというレジンもあります。UVレジンと違う特徴は、黄変しにくかったり、めちゃくちゃ早く固まってくれる事!ただしLEDに対応しているレジン液が少なかったりするので、これからもっと普及してくれるといいですね。

LEDレジンの資格講座もあるので、通信講座で学んでみるのもおすすめです。

▶︎▶︎【無料資料請求】LEDレジンアクセサリー認定講師

ミール皿×レジンのハンドメイドアクセサリー

akaさん(@akairo_color24)がシェアした投稿 -


ミール皿とは、レジン液を流し込む受け皿がすでに作られているもの。中に透かしパーツやラメなど、様々な素材と一緒に流し込んで作ります。

レジン液に着色をし、グラデーションなどを作って作成する人が多いですね!

プラ板×レジンのハンドメイドアクセサリー


プラ板とは薄〜いクリアファイルのような透明板を、着色したり好きな形にカットし、オーブントースターなどで熱する事で縮まり硬化することができます。

あおい
私の小さい時は縁日とかでプラ板のキーホルダーを作っていましたね!あれ?みんなはやってないのかな?笑


色鉛筆やパステル、アクリル絵の具やマニキュアなど着色方法も様々で、デザインやイラストが得意な人にもおすすめ。

熱して硬化した後はレジンでつやつやにコーティングすると、アクセサリーとして見栄えがよくなるので、基本的にレジンとプラ板はセットで使う作家さんがほとんどです。

▲人気作家asahiさんの作品(関連記事:手描きアートの世界!アクセサリー作家のAsahiさんを特集

モールド×レジンのハンドメイドアクセサリー

モールドとは型の事で、シリコン製の型にレジン液を流し込んで作成する方法。立方体や円柱形・球体など、立体的なピアスを作る時などに活用できます。

モールドも様々な形が売られており、一度モールドを買ってしまえば、毎回必ずきっちりと同じ大きさと形で作れるのも魅力的です。

空枠×レジンのハンドメイドアクセサリー


空枠は、基本的に金属で作られた枠の事で、ミール皿との違いは流し込む受け皿がない事。レジン液を流し込む際には、下にシリコンの下敷きや、マスキングテープを使って硬化すると裏面を剥がすことができます。

空枠も大きさや種類が豊富ですし、レジンのハンドメイドアクセサリーに初めて挑戦する際は比較的簡単な作り方です。

押し花(ドライフラワー)×レジンのハンドメイドアクセサリー


最近ハンドメイドアクセサリーの中でも人気なのが、押し花を使用したレジンのアクセサリー。先ほどのように空枠やモールドに埋め込んで硬める作り方もありますが、花びらの立体感を生かして直接硬化する作り方もあります。

繊細で薄い花びらを硬化するのは少し難しいので、レジンの扱いに慣れてきたら挑戦してみたい作り方ですね!

ビーズ織り×ハンドメイドアクセサリー


ビーズ織りは、専用の織り機で1粒ずつ糸を這わせて編んでいく作り方。編み物が得意な人や、きっちりと図面通りに作るのが得意な人におすすめです。

最近ビーズ編みをしているアクセサリー作家さんの中では、こういったボヘミアンな雰囲気の作品が多いですね!

▼こういったビーズ織り専用の編み機を使用します。

【クロバー ビーズ織り機 58-631】※発送目安:7〜10日

ビーズ刺繍×ハンドメイドアクセサリー

ビーズ刺繍は、専用の細い針と糸を使い、1粒づつ布に縫い付けていく方法。このサイトでインタビューさせてもらった作家のhandmadeM2さんも行なっている、ハンドメイドアクセサリーの作り方の一つです。(関連記事:ビーズ刺繍が素敵なhandmadeM2さんを特集!)

裏布はフェルトを使ったり、合皮を貼り合わせて高級感を出したり、独自の手法で作られている作家さんが多くみられます。

ぎゅっとビーズ同士を密着させてしっかりと縫い付けないといけないのと、配色やビーズ選びなどのセンスが問われますね。

刺繍のハンドメイドアクセサリー

tandlさん(@sak_tandl)がシェアした投稿 -

刺繍糸で刺繍をほどこしたピアスなども、ハンドメイド販売サイトなどではとっても人気。ひと針ひと針縫って作られる刺繍は、手作り感があっていいですよね!

先ほどのビーズ刺繍もプラスして組み合わせたりと、アクセサリーとしてのデザインの幅も広く、材料もすぐ手に入るので始めやすい作り方の一つです。

真鍮のハンドメイドアクセサリー

DIEMさん(@diem_jewelry)がシェアした投稿 -


真鍮を使ったアクセサリーはminneなどでは人気なものの、作れる作家さんが少ない事から競合は少なめ。レジンなどとは違い、バングルや指輪も1から作ることができます。

加工所や工房などではワークショップも行なっているので、一度受けてみるといいかもしれませんね。

しかし、真鍮は1枚の真鍮板から糸ノコやバーナー、金づちを使って整形するなど、道具や場所もある程度確保しないといけないのが少々ネック。

ハンドメイドサイトでも競合が少ない分、ある程度の売り上げは見込めるので、本格的に作家として活動していきたいアクセサリー作家さんにおすすめです。

シルバーのハンドメイドアクセサリー

シルバーは彫金をしたりシルバークレイという粘土状のものから整形したり、作成方法は実は色んな作り方が存在します。シルバーアクセはメンズものも多く、ペアネックレスなどもギフト商品として需要がありますね。

ただ、このシルバーアクセも技術や専用の工具が必要なので、ハンドメイド作家の中でも競合はかなり少なめ。

シルバーアクセの通信講座などを受けてみると、キットや作り方まで全て学べるのでおすすめです。▶︎▶︎【無料資料請求】シルバーアクセ通信講座

そして、彫金よりも比較的初心者さんでも作れる、シルバークレイなどを使用すると簡単に作ることができますよ!

タッセルのハンドメイドアクセサリー

タッセルとは元々布の端などに使う房状の飾り。カーテンを束ねたり、クッションの端っこに付いていたりしますよね!

あおい
ハンドメイドアクセサリーの中では、2年くらい前にかなり流行していた印象です。

最近では、刺繍糸やレーヨン糸が主流だったものが、リボンやレザーなど、色んな素材でタッセルを作る作家さんが多くみられます。


タッセル自体はパーツとして販売もされていますが、自身で糸から作る作家さんが多く、配色や長さでオリジナリティを出すことができますよ。

樹脂粘土のハンドメイドアクセサリー

樹脂粘土は自然乾燥で固まる、ミニチュアフードなどにも使われる粘土。これもオーブン粘土や耐水性のある粘土など様々あるので、アクセサリー専用の粘土というのは基本的にはありません。

ですが、最近は100円ショップでも樹脂粘土を扱っているので、手に入りやすく挑戦しやすいアクセサリーの一つ。

粘土でのアクセサリー作りは自由度が高いので、独創性のある作家さんや、オリジナリティにこだわりたい作家さんにもおすすめです!

基本的になんでも作ることができますが、人気なのはお花のモチーフのもの。立体的かつ大きくも作れるので、髪飾りやブローチなどもハンドメイド作品として人気です。


▲minneでも人気のHanahさんという方が、作り方を解説しています

ワイヤーのハンドメイドアクセサリー


ワイヤーを使えば、ビーズや天然石などにを巻きつけたり、変形させてモチーフを作ったりすることもできます。

ヤットコ(ペンチ)とワイヤーさえあれば、特別な道具も必要ないですし、比較的始めやすいワイヤーアクセ。ただし作り方によっては曲がりやすかったり、変形しやすいのでしっかり頑丈に作る技術は必要です。

まとめ

いかがでしたか?他にも作り方や使える材料はたくさんあるかもしれませんね!

まずはピアスやネックレスを作るのに必要最低限のパーツを覚えるところからスタートし、それから自分が扱いやすいと思える素材選びから初めてみましょう♬

Youtube・Instagramの写真や動画は、ネット上の法律に基づき引用させていただいております。写真や動画の削除依頼がありましたら、お手数ですがこちらまでお願いします。mm.0914.0527@gmail.com

アクセサリー作家さんにおすすめの関連記事

【ビスタプリント】で実際にピアス台紙&名刺を作成してみたレポ!

前回、こんな記事を書かせてもらいました。 アクセサリー作家さんの反響が大きく、実際に注文した方からも好評なんですが、 「本当にスマホが苦手で作り方が分かりません!」 「安くて可愛いデザインだけど、実際 ...

続きを見る

ハンドメイドでネットショップを開設★安くて実はすごい機能がたくさん!

ハンドメイド作品をネットで販売しようと思った場合、ほとんどの人がminneやCreemaなどのハンドメイド販売サイトに登録したり、フリマアプリで販売するケースが多いですよね。 しかし、ネットで販売する ...

続きを見る



人気記事TOP5

1

前回、こんな記事を書かせてもらいました。 アクセサリー作家さんの反響が大きく、実際に注文した方からも好評なんですが、 「本当にスマホが苦手で作り方が分かりません!」 「安くて可愛いデザインだけど、実際 ...

2

ハンドメイド販売ブームに乗って、minneなどのハンドメイドサイトや、フリマアプリのメルカリ等でも、色んなアクセサリーパーツが販売されていますよね! 大手のパーツ専門店や手芸用品店も、色んなところにた ...

3

ハンドメイド販売を始めようと思った時、自分の技術や経験に自信がないときに、あると便利なのが資格です! 私も実際に洋裁検定1級や、ファッション販売検定、あとはカラーコーディネーターなどの資格を取得してい ...

4

ハンドメイド販売が主婦の間で流行している中、一番人気のジャンルはなんと言ってもアクセサリー販売!その中でも特にピアスを作って販売している作家さんは多いですよね♬ 今からハンドメイドのアクセサリーを作っ ...

5

minne(ミンネ)にハンドメイド作品を出品したはいいけど、思ったように売れないじゃん・・・と悩んでいる人も多いでしょう。 安心してください、100人ハンドメイド作家さんがいたら、100人同じ悩みを最 ...

-ハンドメイド販売, 作品へのアイデア

Copyright© Prima , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.